マイカーローンの金利は無視できない

マイカー購入の助けとなるのがマイカーローンです。現金一括では購入が難しくても、ローンを組めば購入しやすくなります。現金一括とマイカーローンの一番大きな違いが金利です。金利による利息が発生するマイカーローンでは、支払総額が大きくなってしまいます。

 

誰だって支払総額は少ない方がいいと考えます。しかし、その割にはマイカーローンの金利を気にしないという人も多いです。その理由の1つが毎月の支払金額です。例えば販売店で、毎月2,5000円の支払いで乗り換えられますと言われると、毎月の支払額に注意がいってしまい、支払総額や金利を考えずに契約してしまう人は多いです。

 

しかし、マイカーローンの契約において、金利は無視できません。マイカーローンでは金利がちょっと変わるだけで、支払総額に大きな差が出ます。例えばディーラーローンなら7.0%だった金利が、銀行などでマイカーローンを組むだけで2.0%まで下がるケースもあります。

 

特に注意をしたいのが、ローンを組む金額が大きい人と、支払期間が長い人です。金利がどれだけ支払総額に影響を与えるのかは、実際に見てみた方が実感しやすいでしょう。

 

借入金額で大きく変わる

マイカーローンの借入れ金額が大きい程、金利による支払総額の差も大きくなります。支払期間は5年、金利は3.0%と5.0%の2種類のマイカーローンがあったとします。借入金額によってどれだけ支払総額が変わるのかを見てみましょう。

 

100万円のマイカーローンの場合、金利5.0%のマイカーローンを利用すると、毎月の支払額は18,871円となります。5年間の支払総額は1,132,274円となります。もしも金利3.0%のマイカーローンなら、毎月の支払額は17969円に下がります。支払総額も1,078,121円まで下がります。支払総額で比較すると、54,153円となります。金利差は2.0%ですが、それでも5万円以上も変わってくるのです。

 

これがもし借入金額200万円だった場合、金利5.0%では毎月37,742円の支払い、支払総額2,264,548円となります。金利3.0%の場合、毎月35,937円の支払い、支払総額2,156,243円まで下がります。支払総額の差は108,305円となります。

 

借入金額300万円であれば、金利5.0%で支払総額が3,396,822円、金利3.0%なら3,234,364円、支払総額の差は162,458円にもなります。金利が極端に変わったわけではなく、いずれも金利差はたったの2.0%ですが、特に借入金額が大きい程、その影響も大きくなります。

 

購入金額が少なくなる中古車を買うマイカーローンの場合には金利差による負担の違いもそこまで大きくはなりませんが、新車や高い車を購入する際には、しっかりと負担の違いが出る金利差は見ておかなければならないのです。

 

 

支払期間で大きく変わる

同じ借入金額でも、支払期間が長い程、金利に対する影響は大きくなります。支払期間が3年よりも5年の方が、5年よりも7年の方が、金利による影響は大きくなります。借入金額は200万円だとして、金利は3.0%と5.0%で比較をします。

 

支払期間が3年の36回払いの場合、金利5.0%では毎月59,942円の支払い、支払総額は2,157,905円となります。もしも金利3.0%であったならば、毎月58,162円の支払い、支払総額は2,093,847円となります。支払総額の差は64,058円となります。

 

これが支払期間5年であれば、金利5.0%では毎月37,742円の支払い、支払総額2,264,548円となります。金利3.0%の場合、毎月35,937円の支払い、支払総額2,156,243円まで下がります。支払総額の差は108,305円となります。同じ借入金額、金利差でも、支払期間によって支払総額の差も大きくなるのがわかります。

 

もしも支払期間が7年であれば、金利5.0%で毎月の支払額は28,268円、支払総額は2,374,497円となります。金利3.0%であれば、毎月の支払額は26,427円、支払総額は2,219,834円となります。支払総額の差は154,663円となります。支払期間を長くとる人の目的は毎月の支払いの負担を減らす点にありますが、金利が低ければ負担も少なくなります。

 

マイカーローンの金利で支払い総額に数十万円も差が出るというのは、誇張などではなく現実的な数字です。それも借入れが大きい人や支払期間が長い人にとっては大きく影響を与えます。

 

だからこそ多くの利用先で安いマイカーローンの金利比較が必要であり、より負担を減らすためのローンが組めるように様々な金融機関のマイカーローンを見ておかなければならないのです。

 

目先の手軽さだけでローンを組むと負担が大きく失敗をしたと感じてしまう場合もあるので、余裕のあるラインで返済を進めるためにも負担の軽いマイカーローンを利用うするようにしてください。