銀行を利用するデメリット

最近は金利の高いディーラーローンを避けて、低金利な銀行系のマイカーローンを組む人が増えています。マイカーローンでは扱う金額が大きいので、金利の違いで支払総額に数十万円もの差が出ます。

 

例えば5年間のマイカーローンで支払総額に30万円損をしているかもしれないと言われれば、誰だってその理由が気になるでしょう。支払総額で損をしたくない人は、銀行系のマイカーローンを調べてみてからローンを組むとよいでしょう。

 

ただし、銀行のマイカーローンにもデメリットはあります。金利が低いのが魅力ですが、その分審査は厳しくなります。もちろん役職クラスの人間や公務員のような雇用形態の人だけが審査に通るような厳しいものではありません。それでもディーラーローンに比べると審査は厳しくなります。

 

極端に年収が低い場合や勤続年数が短い場合、すでにカードローンなど他社借入れが多い人などは、注意が必要です。

 

また、銀行のマイカーローンの申込みについては、当然ディーラーは手伝ってくれません。ローン選びや比較から、申込み、書類の提出、契約まで、全て自分で行わなければなりません。ディーラーローンと比べると審査時間も長めになります。それでも数十万円の差額が魅力的だと感じる人は多いですが、デメリットもある点には注意が必要です。

 

ただし銀行で借りるなら基本的にはマイカーローンの担保も不要となるので、余計な手間などをかけずに借りられるメリットがあります。デメリットとメリットの両面をしっかりと見比べる必要はありますが、総合的に考えて銀行のマイカーローンはディーラーで借りるのに比べて優れていると言えるでしょう。